うどんでもダイエットレシピができる

うどんは炭水化物なのでダイエットレシピには向いていないのではと考える方も多いでしょう。しかし意外にもダイエットレシピにも大いに活用が出来る物なのです。
うどんの一番の利点としてはお腹がいっぱいになりやすいという点です。うどんはコシが強いものが多いですので、噛み切るなど他の麺類に比べて噛むことが多いですが、そのお陰で満腹感が得られやすくなります。また、コシが強いうどんは消化もゆっくりとされるので腹持ちが良いと言われています。消化が遅いということは、エネルギーとして身体に溜め込む前に消費をされる方が多くなるため結果的には太りにくいと言われています。

 

そのため、うどんをダイエットレシピに利用する際はできればコシの強いうどんを選んで利用すると良いでしょう。そして、うどんの気になるカロリーなのですが、意外にもうどんは他の主食となる炭水化物に比べてもカロリー自体は低いのです。簡単に比べると、同じ量の白米とうどんを比べると3割くらいも低いカロリーとなっているのです。この事実を知れば、上手に利用をしないわけにはいきませんね。

 

ではうどんをダイエットレシピにどのように利用をすると良いのでしょうか。方法としては1日のうち1食をうどんにしてみましょう。もちろん食べすぎには注意です。

 

また、素うどんではなく栄養バランスを考えて具や薬味も一緒に取れるように考えましょう。代表的なものとしては卵やワカメ、ネギが栄養のバランスから見ても良いでしょう。